インフルエンザウイルスを抑える!?【ヒルナンデスで紹介】キノコの最新研究の報告

ヒルナンデス
2017年11月02日

ゲスト きのこパワーに詳しい 総合内科専門医 大竹 真一郎先生

食欲の秋。

キノコの最新研究の報告。

キノコの意外なパワー最新研究!

今年の10月に国際会議で発表。

流行の兆し!インフルエンザウイルスを抑える!?驚くべきキノコとは?

インフルエンザA型に感染したマウスにマイタケに含まれている

マイタケα-グルカンを摂取させた実験で、摂取させていないマウスより

ウイルスの数が約3分の1から5分の1になった。

(雪国まいたけ 中部大学ほか共同研究)

今年の流行が予想されるインフルエンザはA型。

マウスの実験だけの結果ですが免疫力も2倍になったとか…。

キノコの栄養をしっかりとれる調理法。

煮る・揚げるより焼くほうが栄養がとれる。

グリルで素焼き、電子レンジで加熱がベスト。

さらにきのこを冷凍するとうまみ成分が3倍になるという結果も

ただし触感が損なわれるキノコもあるので調理方法でカバーしましょう。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ソーシャル
スポンサーリンク
スポンサードリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。